1月14日 ニューストックで調子回復?@志賀高原 焼額山 竹節一夫スキースクール

画像

冷えています。-10度です。
雪も降っています。
水墨画のような景色です。

画像

第二高速に乗っています。
午前は曇り予報、午後は晴れ予報だったのですが、雪です。

画像

今日も第三高速は運休で、第一ゴンドラを使わないといけません。
スタートに行くには、スーパージャイアントスラロームコースの非圧雪コースを通らないといけません。
新雪が50㎝ぐらいたまっている感じです。
新雪の下はアイスバーンになったコブです。
GS板だと、大変苦しいです。
最初の一本で、前転してしまいました。。。

画像

何とかスタートに到着です。
圧雪した後に10cmぐらい新雪が載っている感じです。
やわらかめの斜面です。

GSは、最初は精彩を欠いていました。
非圧雪コースを来るだけで、腰が引けてしまって、GSに悪影響です。

それでも、何本か滑って、ラスト2-3本は調子が戻ってきた感じです。
腰高ポジションで切り替えをして、内足を畳んで、外足を張り出し、外肩をさげるように意識すると、緩斜面で失速することもなくなりました。

画像

今日も東館です。
まずは、昨日と同様にサラダです。

画像

そして、ケーキセットです。
今日はレアチーズケーキにしました。

画像

コーヒーはお代わりができることをお姉さんに教えてもらい、感動しました。

画像

そして、午後はSLです。
新しいストックが来ました。
パンチガードが大きく、指先までしっかり守られています。
よさそうな感じです。

画像

非圧雪のコースを滑って、スタートにやってきました。
SL板だと、少し楽に滑れました。
苦労されている方々もいましたが、斜面に垂直を意識して、細かくターンをして、比較的スムーズに滑れるようになってきました。進化したものです。

そして、午後はSLです。
昨日のガッツポーズの滑りの余韻が少し残っていました。

新しいストックだと、指先までしっかりガードされているので、フルアタックです。

上体が被らないように意識しました。
斜度の変化が二か所あるので、要注意です。
斜度に応じて上体のポジションを動かすと、滑らかな滑りになしました。

胸を前に向けて縦踏みです。
数本滑ると溝ができてきました。

内脛でポールに当たる感じで、外足はめいっぱい伸ばして、溝に沿わせてみました。
これが奏功して、かなり良い調子だったようです。

画像

終わるころになって、青空が出てきました。
撤収後、第一ゴンドラで上り、南館を目指しています。
岩菅山方面です。

今週もいろいろありましたが、満足がいく滑りができて良かったです。

この記事へのコメント