8月6日 江戸切子のロックグラス登場

今日は、ティップネス休館日なので、早朝ワークアウトはお休みでした。
このため、朝から日本橋高島屋へ買い物でした。
お目当ては、石の湯ロッジへのお土産のお菓子でしたが、開店から少し遅れて入ったところ、長蛇の列で諦めました。開店は10時30分で、45分にはついたと思います。50人ぐらい待っていました。列を見た瞬間に諦めました。外商経由で買えるか確認するそうです。

おとうさんの夏休み用の革製のスニーカーを見つけて、江戸切子のイベント会場に来ました。
我が家には、日本酒用のお猪口から始まり、焼酎用のロックグラスまで各種切子のコレクションがあります。
色付きの切子もよいのですが、ウィスキー用にはやはり、透明のものがよさそうです。

画像

ということで、通常より一回り大きめのロックグラスを購入しました。
素材は、花瓶用のものだそうです。

画像

軽井沢蒸留所が閉鎖になる前、5年以上前?に買った、1987年のシングルモルトウィスキーを入れてみました。

画像

球形の氷もなんとか、間に合いました。
中心はまだ固まっていなかったですが、ロックグラスの中で氷を転がし、優雅な感じでした。
このロックグラスは大きめですが、その分、香りが広がって、なかなかでした。

このほかに、金魚鉢と同じ製法で作った、ランプも買ってみました。
ベッドサイドに置いてみようと思います。
我が家に届くのが楽しみです。

暑い一日でしたが、デパート巡りでのんびりでした。

そう言えば、午後は三越本店の肉のイベントがあり、会場ですき焼き風の肉や、豪快なハンバーガーを食べて満足でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック