4月1日 濃霧の中で高天原対策@志賀高原 熊の湯スキー場 竹節一夫スキースクール

画像

今日は上林までは順調でしたが、ループ橋あたりから、流れが悪くなりました。
でも、9時40分ごろには熊の湯に登場です。
10㎝ぐらいの雪が積もったようです。
そして、視界があまりよくないですね。

こういう状況だとすぐに、腰が引けてしまいます。
ポール脇で縦踏み、胸は二旗門先に向けておく必要があります。
視界が悪くても、勇気を出してやってみると、徐々に調子が上向いてきました。
そして、下地の硬いバーンも顔を出してきました。

画像

ちょっと遅れましたが、運よく、リンゴピザです。

画像

午後はいつもは、SLですが、明日の高天原に備えて、GSでした。
でも、視界は午前中よりも悪くなってしまいました。

悪い視界に、下地の硬いバーンで、ビビってしまいました。
縦踏みどころか、板が横に向き、腰が回ってしまうようになってしまいました。
これでは、明日に悪影響なので、二旗門下からスタートすることにしました。

ようやく、思い切って、板を縦にして、土踏まずに荷重して、板を撓ませることができるようになりました。
明日は、腰高で縦踏み、胸は前、そして、セットは細かそうなので、腰を回さないように気を付けないといけないですね。

それにしても、濃い霧でした。
馬の背では、ホワイトアウト、そして、廊下もよく見えないので、スタートに来るまで大変怖かったです。
視界が悪いので、ハの字で滑ることも多く、脚が張ってしまいました。

濃霧に悩まされた一日でした。
明日は、青空が見えることを期待します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック