10月2日 激走85Km+20Km@志賀高原ロングライド 上の平フォンド

画像

石の湯ロッジを5時30分過ぎに出発してスタートまで来ました。
高天原と一ノ瀬の間にあります。
6時15分過ぎに到着です。
ガスが濃い中を、野沢温泉まで行く115Kmのカテゴリーの選手の方々が続々と出発していきます。
おとうさんは、既に、ここに来るまでに疲労してしまいました。
基本的にくだりだと思っても、細かな登りがあるのと、トンネルの通過で神経をすり減らしてしまいました。

皆さん、ドロップハンドルの本格的なロードレーサーです。
おとうさんはフラットハンドルのクロスバイクなので、すでに自転車で負けています。

画像

6時50分ぐらいにスタートしました。
最初のエイドステーションのカヤの平です。
8時ぐらいだったと思います。
リンゴと塩むすびをいただきました。
ウィダーゴールドの補給もしました。
路面は濡れていて、ぬれ落ち葉は滑るそうなので気を使います。

画像

折り返し地点です。
野沢温泉スキー場の長坂ゴンドラの上の駅付近です。
9時30分ぐらいだったと思います。
ふるまいはトマトジュースとお稲荷さんでした。
ここでも、ウィダーゴールドを注入です。
アミノバイタル2リットルをキャメルバックに入れてきたのですが、ほとんど飲んでしまいました。
パウダーを溶かして、1リットル程度追加投入です。
これまでは、上りも少しありましたが、全般的には下り基調です。
戻りは、のぼりが多くなるので大変そうです。

画像

三つ目のエイドステーションです。
11時近かったと思います。
カヤの平付近で、ふるまいはお焼きでした。
あと1区間なのと、いろんなふるまいをいただいたのでウィダーの補給は見合わせました。
これが、裏目に出てしまいました。

画像

最後の区間は苦しかったです。
雑魚川沿いの林道はマイナスイオンいっぱいで気持ちが良いのですが、長いのぼりで息が切れます。
おとうさんの荒れた息の音を聞いて前の人が振り返っていました。
でも、息が乱れている割には、じわじわと何人かを抜きました。
その一方で、最長のカテゴリー、野沢温泉まで行って戻ってくる選手には簡単に抜かされてしまいました。
おとうさんはそれなりに我慢強いと思う一方、絶対的な体力ではかなわないとも思いました。

繰り返しになりますが、カヤの平から奥志賀高原までが遠かったです。
そして、奥志賀高原からの緩やかに続く長い上り坂は先が遠くまで見えるだけに萎えました。
それでも、ゴールに近づいてくると、実況アナウンスが聞こえてくるので元気づけられました。

画像

12時30分ぐらいだったと思います。
ゴールでは暫く動けませんでしたが、温かいキノコ汁を頂いて回復です。
おこみんにも祝ってもらいました。
なかなか、楽しめました。

でも、これで終わりではありません。
石の湯ロッジまで自走です。
怖いトンネルの車道を高速で下り、蓮池からは上り坂です。
昼間なので車の通行も多く、大変でした。
一番つらい一本でした。

なんとか、石の湯ロッジにたどり着き、お風呂でリラックス&ストレッチ、そしてお昼寝です。
志賀高原ロングライド85Kmと石の湯ロッジからスタートまでの往復20Kmの合計105Kmの自転車の旅でした。
大変でしたが、来年も参加したいと思いました。

この記事へのコメント