3月14日 アイスバーンの上に新雪で疲労困憊@志賀高原 一の瀬ダイヤモンドスキー場から奥志賀高原スキー場往復

なんとか、一週間終了です。
いろんなことが起こりますが、何とか対処しました。
反射神経が問われますね。

3月14日 志賀高原0001.JPG
さて、いつも通りやって来ました。
雪降りです。
今週は雨が降ったそうで、その後に冷え込んだそうなのでアイスバーンです。
その上に、新雪が5cm程度積もっているのでどんな感じでしょうか?

雪だまりが所々にあるので、足を取られます。
気を付けないと転倒してしまいます。

3月14日 志賀高原0002.JPG
5-6本、足慣らしをしてから一夫さんのスクールを偵察です。

3月14日 志賀高原0003.JPG
広背筋のイメージです。
広背筋を緩めながら肋骨の後ろ側を曲げて、くの字です。
踵荷重になってはいけません。

3月14日 志賀高原0004.JPG
11時過ぎたので、ランチの旅です。
焼額山に流れ込みました。
第二高速乗車中です。

3月14日 志賀高原0005.JPG
雪降りですが、ミドラーを着るほど寒くはありません。
でも、雪が入ってこないように、ウェアのジッパーを上まで閉めています。

焼額は人が多いので、アイルバーンの上の新雪がいたるところに小山になっていて荒れています。
一本だけでかなり疲れました。

3月14日 志賀高原0006.JPG
第三高速は平和であることを期待して、乗車中です。
やはり、ところどころ、嫌な感じです。

3月14日 志賀高原0007.JPG
第一ゴンドラ乗車中です。
コロナ対策で定員を半分にして運行中ですが、それほど混んでいませんでした。

3月14日 志賀高原0008.JPG
第一ゴンドラ山頂駅です。

こちらから、GSコースを経由して奥志賀を目指します。
コースは荒れていて疲れます。
いつもは、全く止まらないのですが、休み休みでした。

3月14日 志賀高原0009.JPG
奥志賀ゴンドラ乗車中です。

3月14日 志賀高原0010.JPG
奥志賀ゴンドラ山頂駅です。
ダウンヒルコースを一本滑りましたが、コースの状況が悪く、非常に疲れました。

そして、第三高速リフト沿いを滑り、エキスパートコースはパスして、迂回コースを滑りました。
迂回コースも前半部分は狭いので、必ずしも楽なコースではありませんでした。

3月14日 志賀高原0011.JPG
見えてきました。

3月14日 志賀高原0012.JPG
今日も挑戦です。
アイスバーンでした。
ポールのピッチは長めだったので、完走です。

3月14日 志賀高原0013.JPG
今日のランチは、久しぶりに奥志賀高原ホテルです。

3月14日 志賀高原0014.JPG
レストランの順番待ちをする間、暖炉脇で休憩です。
入り口で、ブーツを脱いでスリッパに履き替えるので快適です。

3月14日 志賀高原0015.JPG
10分ぐらい待って着席です。
なかなか、良い感じです。
13時近かったと思います。

3月14日 志賀高原0016.JPG
奥志賀高原ハンバーガーです。
ハンバーガーを奥にあるので小さく見えますが、それなりのボリュームで、味も美味しかったです。
ほとんど立ち入らないのですが、たまに来るには良い感じです。

3月14日 志賀高原0017.JPG
それにしても、なぜだか、疲れています。
14時近くになって出発です。
寄り道をすることなく、ダイヤモンドを目指します。

3月14日 志賀高原0018.JPG
第四リフトです。

3月14日 志賀高原0019.JPG
第二ゴンドラをくぐり、パノラマコースを目指します。

3月14日 志賀高原0020.JPG
白樺コースから山の神リフト乗車中です。

3月14日 志賀高原0021.JPG
ダイヤモンドに戻ってきました。

3月14日 志賀高原0022.JPG
一夫さんのスクールは午後はSLでした。
腰を低くして、内傾です。
内手が雪面につくほどでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント