12月1日 気持ちの悪い滑りその2@志賀高原 熊の湯スキー場 竹節一夫スキースクール

12月1日 熊の湯0001.JPG
さて、やってきました。
今日もコンディションは良さそうです。
お昼はプラス気温になる予報なのでミドラーなしでやってきました。

レッスンは昨日からの続きです。
ターンの後半から切り替え、ターンの前半の運動です。

まずは外脚の股関節を介して荷重して外スキーを撓ませます。
外スキーのエッジを立てるために、外膝は少し内側に入っています。
そして、斜面に垂直にいないといけないので、外足の母指球で荷重を感じています。

そうすると、外板が撓んできて、体の下に入ってきます。
その時、体幹というか骨盤を谷側に落とし込みます。

外板への荷重感はそのままに、エッジが外れ、次のターンが始まります。
お腹が捻じれる感じで、気持ちが悪いです。

切り替え委の前後で、外足の荷重感は母指球から小指へと移動するものの、加重の大きさは変わらず、体重を支えている感じです。
気持ちの悪い感じが身についてきた感じです。

12月1日 熊の湯0002.JPG
お昼は、今日もリバーサイドホテルにきました。
今日はリンゴピザもやっていましたので、早速頼んでみました。
お腹がよじれる感じなので、ハーフサイズのリンゴピザが丁度良いです。

12月1日 熊の湯0003.JPG
午後の部です。
午前中の続きです。

ターンの後半から切り替え、骨盤を次のターンの前方内側へ落とし込む感覚を意識しました。
切り替えのタイミングで体感を1階から地下一階へ落とし込む感覚だそうです。

単にターンの前方内側を意識するだけでなく、低い位置にもっていくことを意識することで、斜面への荷重が抜けてしまうことなく、次のターンに入れる感じです。

12月1日 熊の湯0004.JPG
本日おろした、ニューブーツです。
これまで履いていたものと全く同じものです。
これまで履いていたものは3シーズン使ったのですが、新しいブーツと比べるとかなりヘタレていることを分かりました。
滑りに良い影響が出ていると信じたいですね。

12月1日 熊の湯0005.JPG
一夫さんのレッスンが終わった後も3-4本フリーで自主トレです。
斜面が日陰になった締まったので、足元が良く見えないので慎重に滑りました。

気持ちの悪い感覚も身についてきた感じです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント