1月13日 気持ちの悪い1日@志賀高原 焼額山 竹節一夫スキースクール

画像

焼額山第二高速に乗っています。
昨夜は、飲み過ぎ・食べ過ぎで、朝は胃が持たれていました。
軽い二日酔いだったのかもしれません。

このため、朝食を残してしまいました。
すると、ロッジの方々に心配されて、昨夜のお菓子事件を話さざる得ない状況になってしまいました。
ちょっと、恥ずかしかったです。

画像

なんとなく、気分が悪い状態でスタートです。
まずは、第1ゴンドラで山頂まで行きました。
ちょっと視界は良くありませんでしたが、雪が締まっていて滑りやすかったです。

このあと、午前中はGSです。
飲み過ぎ、食べ過ぎで胃が持たれているのに、更にアンギュレーションを意識すると気持ち悪さが倍増です。

体調不良もあり、午前のGSはいまいちでした。
キチンとアンギュレーションができず、内脛だけが内傾して、内倒したり、踵に乗ってしまったり、あまりよいところがありませんでした。

それでも、後半は多少はリカバリーしてきた感じです。
昨日のSLでやった、谷側にストックをつく意識をGSでもやるように指示がありました。
上体が早めに落ちていく感じです。
早いタイミングで斜面に垂直に立てるので次のターンの開始が容易になります。

明日は、もっと体調を良くして、頑張りたいと思いました。

画像

胃が持たれていましたが、シーフードドリアを頂きました。
ランチを食べられるぐらいには回復してきました。

画像

午後はSLです。
昨日やった、アンギュレーションから谷側にストックをついて斜面に垂直に早いタイミングでなります。
きちんとできると、胃袋が捩じられるので、とても気分が悪い感じでした。

昨夜の飲み過ぎ、食べ過ぎを反省しつつ、頑張りました。
谷側にストックをつく意識は良いのですが、そうすると、特に左外足の時に外傾が甘くなるので要注意です。

最後の数本は、一夫さんからもOKを頂きました。

今晩は、ほどほどにして、明日に備えることにします。

この記事へのコメント