3月17日 睡眠不足でも、青空、爽快スキー@志賀高原 焼額山 竹節一夫スキースクール

画像

適度に冷え込んで青空、良いコンディションです。
でも、昨日は深夜1時ぐらいに寝て、朝4時30分起きだったので眠いです。

画像

午前中はGSです。
昨日は雨が降ったそうですが、夜から冷え込んで硬いバーンです。

ターン前半から腰高ポジションで外足伸ばしてエッジングを始めます。
ポール脇から外側の太ももを回旋させて外膝を内膝にくっつけるような感じで、外板の内側エッジを立てながら乗り込んでいきます。

うまくいくと、板が走ります。
今日は板に良く乗れているとのコメントがありました。
先週のブログを確認してやってきた甲斐がありました。

画像

今日もシーフードドリアです。
午後に備えて、のんびり休息です。

画像

午後はSLです。
雪が緩んできたので、ポール脇の短いエッジングだけです。
縦踏みを心がけました。

ストレートポールではスピードが出るので、出口でスピードのコントロールをしないとやられてしまうそうです。
今までは、そのようなことを意識する余裕がなかったのですが、スピードが速くなってくるとコースマネジメントが必要になってくるとのことです。これも、進化の賜物ということでしょうか?

いくつか失敗もありましたが、エッジングが短くて、スピードが出てきたことによるものだそうで、良い失敗だったそうです。

今日も、美味しくお酒が飲めるような滑りだったそうです。

画像

終日、青空でした。
たくさん滑って、ヘトヘトでした。

この記事へのコメント