3月11日 今日も青空。テクニカルなセットでも爽快スキー@志賀高原 焼額山 竹節一夫スキースクール

画像

今日も青空です。

画像

第一ゴンドラで焼額山の山頂です。

画像

まずは、オリンピックコースをGS板で大滑走です。
レッスン前に二本行ってしまいました。
最近は板にちゃんと乗れている感じで、外板がシザーズになることもなく、高速でかつ安定して降りてきました。

一人で、勝手に、うまくなったものだと思いながら滑りました。

画像

午前中はGSです。

画像

今日のセットは、いつもの斜面が他のグループに貸し出し中で、スタートは同じで、ミドルコース側に抜ける斜面でした。
捻じれた斜面で、途中で右に曲がっていて、テクニカルな感じです。

ターン前半から外板を母指球で押し出し、ポール脇あたりから、更に外膝を内側に入れてエッジを立てます。
加重から荷重への動きです。
ターン後半は外腿を内旋させる感じだと、外膝が内側に入ってきて、外板内側エッジが立ってきます。
そして、次のターン前半の動きへとつなげていきます。

最初はてこずりましたが、最後の数本は良かったようです。

画像

ランチはいつも通り、東館です。
今日は海鮮の入ったペペロンチーノパスタを食べた後、プリンのセットも食べてしまいました。

画像

午後のSLも賑わっています。
午前中のGSにもまして、テクニカルな感じでした。

捻じれた斜面に細かいセットなので、リズム感良く左右に動きながら、上体を常に前に持ってこないとやられてしまいます。

ターンの前半から思い切って上体を前にもっていかないといけないのですが、なかなかタイミングがつかめません。

ターン前半で外足の内側エッジが噛んだ瞬間に上体を内側に傾けるようにすると、硬いアイスバーンでもカービングで切っていけるようです。外板で足場を作ってから、内肩を下げる感じです。内傾角とでもいうのでしょうか。

こちらも、最後の三本ぐらいは調子よかったようです。
今日も、美味しいお酒が飲めそうですね、と一夫さんから言われました!

画像

最初は、テクニカルなセットでなかなか攻略ができず、ストレスが溜まりましたが、一夫さんのアドバイスで爽快な滑りができるようになりました。

楽しい週末でした。
この感覚を来週まで忘れないようにしたいものです。

この記事へのコメント