3月4日 青空、暖か、水しぶき、それでも爽快スキー@志賀高原 焼額山 竹節一夫スキースクール

画像

今日も青空です。

画像

フルーツサラダです。

画像

オムレツに、トーストは3枚です。
いつもは2枚ですが、なぜかお腹が空いています。
ジャムをたくさんつけていただきます。

画像

そして、朝一番は第一ゴンドラで山頂までやってきました。

画像

GS板で、オリンピックコースを大滑走です。
日差しが強く、気温も温かめだったので、ベタ雪になる直前の感じでしたが、それなりに快適に降りてきました。

画像

午前中はGSです。
細かめのセットなので、ターンは早めに始めて、ポール脇では終わらないとやられてしまいます。
ターンの前半から外足の母指球をしっかり押して、上体は谷側に落とし込まないといけません。
何本か滑ると、タイミングが良くなってきたそうです。
そういえば、中間の緩斜面でも失速することがなかったような気がしました。

ジュニア選手の滑りを見ていると参考になりますね。
午前はなんと、12本滑りました。

画像

ランチは東館です。
今日はシーフードドリアにコーヒーです。
午後のSLに備えて、休息を十分とりました。

画像

午後はSLです。
雪が緩んできました。
ゴーグルやウェアに水しぶきがかかります。

まずは、前後のポジションの調整です。
柔らかいので、トップよりは、スキー板センターに乗る感じです。

スタンスは肩幅のナチュラルスタンスでないと調子が良くないようです。
内膝をサスペンションのように使うのと、左右方向には立てる感じです。

そして、溝が掘れてきてからは、ポール横では外足を前方に広げると、躍動感が増すそうです。

色々、調整しながら、徐々に調子が良くなってきました。
でも、最後の一本は気合を入れた割には、腰が回ってしまったそうです。
ちょっと残念でしたが、また来週頑張ります。

画像

終日雲一つない青空で、温かったです。
まだ、春はそんなに早く来なくても良いのですが。
来週はどうなることでしょうね。

この記事へのコメント