3月25日 青空、爽快、そして電池切れ@志賀高原 焼額山 竹節一夫スキースクール

画像

今日も青空です。
昨日よりも若干暖かめです。
でも、新雪か数ミリ積もりました。

画像

いつものように第二高速リフトを上がっています。

画像

第一ゴンドラで山頂に来ました。
これからオリンピックコースに向かいました。

既に、雪面はシャーベットになりかけていました。
GS板でスピードをコントロールしながらも快適に滑りました。
でも、一本だけにしておきました。

画像

レッスン開始です。
午前中はGSです。
昨日の余韻が残っているようでした。
ターンの前半、後半を終えて、ポール脇では外板を蹴りだし、上体は谷側です。

そして、本日の課題は、ポール脇で小さくなって、外板を踏むとともに、腕を三角に組みながら、ゴール方向へ突き出す感じです。上体が捻じれる感じで、内側の肩甲骨がポールに触るような感じでもります。

そして、外足を蹴りだして、上体を落とし、ニュートラルポジションは腰高です。
ポール脇で小さくなって、切り替え時には腰高ポジションです。
上下のリズムと左右のリズムが同調する感じです。

気持ちの良いGSでした。

画像

東館のレストランで久しぶりにソースかつ重を頂きました。

画像

スーパージャイアントスラロームコースの非圧雪部分は雪が緩んでボコボコになってきました。

午後はSLです。
上体が上に抜けてしまう時があるそうです。
ポールを過ぎたら、上体を谷側に落とさないといけません。
でも、これを意識しすぎて、外板をしっかり踏む前に上体だけ谷側に落ちてしまってはいけません。
外板をしっかり踏んだ後に上体を谷側に落とし込みます。

雪はかなり緩んでザラメ状です。
一本滑るたびに堪えます。

画像

そんなコンディションなので、お客さんの数も減ってしまいました。
午後はゴンドラ貸し切りの時も何回かありました。

時々、上に抜けることがあり、ポジションが後ろになったりしましたが、何とか、全て完走です。
かなり、消耗しました。

画像

でも、一番消耗したのは帰りの一本です。
GS板を履いて、ゴンドラで山頂に上り、南館へ移動です。
コースはボコボコでした。
途中、横滑りをしたり、ハの字になったり、脚がパンパンになりました。

日曜の午後のSLは多少てこずりましたが、昨日と今日の午前は概ね良好でした。
GSも進化してきた感じです。
来週に期待です。

この記事へのコメント