2月17日 雪降りだけど爽快スキー@志賀高原 焼額山 竹節一夫スキースクール

画像

雪が降っています。
でも、視界はそれほど悪くありませんでした。

午前中はGSです。
外板の内側エッジが雪面に噛んで、外傾になり、外板を踏んで、胸は正面を向けて外向です。
3つの動作を順番に意識して、ポール手前までじっくりです。
そうすると、しっかり板が踏めて、板が走る感じです。

この動作をポールの手前からしないといけないようです。
外傾を意識する時がポール脇で、縦踏みになっているということのなのでしょう。

そうすると、かなり、スピードに乗れる感じです。
コース中盤の緩斜面では、いつも、失速気味なのですが、今日は何とかスピードを維持できたような気がしました。

GSも回復傾向にあるのでしょうかか?

画像

お昼は東館です。
朝からお腹が空いていたので、カレーです。

窓の外では、雪が一層激しくなってきている感じでした。

画像

ケーキセットもいただきました。
コーヒーは3杯です。

画像

午後はSLです。
やはり、GS同様、ポール手前でターンを開始して、ポール脇では縦踏みです。

溝が掘れてくると、外足膝が曲がっている間に、上体を谷側にずらし、次のターンを始めるのがよさそうです。
なかなか、良い感じでした。

画像

午後は、大雪警報も出てて、厳しい状況でしたが、楽しくSLの練習ができました。
数週間前と比べると、それなりに進化している感じです。

第三高速のフードにも救われましたが、すごい量の雪ですよね。

この記事へのコメント