1月3日 冬休み最終日は吹雪@志賀高原 焼額山 竹節一夫スキースクール

画像

石の湯ロッジの窓も凍てついています。
風も強そうです。

画像

レガシィでやってきました。
まずは、雪かきから始まりました。

途中、地吹雪で前が見えないこともしばしばでした。
来るだけで緊張します。

午前中はGSですが、フカフカの新雪でてこずりました。
こういう状況になるとすぐに腰が引けてしまいます。
ラインをはみ出すとフカフカの雪に突き刺さるので緊張します。

画像

条件が悪かったので、一本早めに切り上げました。
東館のレストランにきました。

ランチは4種類あって、最後に残ったカレーにしました。
大きな肉がゴロゴロしていて大変おいしかったです。
ゴーゴーカレーと比べ物になりませんね。

外は過酷な状況ですが、大きなガラス越しに見ると楽しめます。

画像

フード付きで助かります。
フードが凍り付いています。

画像

午後はSLです。
このところ調子がよいSLだったのですが、フカフカでやられてしまいました。

ゴーグルも曇るようになって、視界不良になってしまいました。
また、風も強くなってきたので、4本滑って、早めに切り上げました。

画像

第一ゴンドラの駐車場に止めておいたレガシィもこんなになっています。
またも、雪かきです。

石の湯ロッジに帰るのも、視界が良くなく、また、車も数珠繋ぎになって、時間がかかりました。

ロッジでは温かいお風呂に入り、荷物をまとめて、早めに出発しました。
石の湯ロッジの坂道は柔らかい雪が積もっていて、ハンドルを取られます。
もうすぐで上りきると思ったら上から、車が。。。
鉢合わせで止まってしまいました。

上から来た車もレガシィでした。
上から来た車にバックしてもらおうとしましたが、スタックしてしまいました。
轍から外れて、柔らかい雪の中でタイヤが空転していました。

とりあず、ロッジに助けの電話をする一方で、スタックした車に下り方向へ少し前進してもらい、ハンドルを切りながら轍に戻してもらいました。
すると、しっかりグリップして、坂道の上までバックしてもらいました。
なんとか、すれ違うことができて、再出発となりました。

このあとも、吹雪で視界不良の中、なんとか、中野まで下りてきました。
運転だけで大変疲れました。

6日間の冬休みでしたが、スキーの収穫は大きかったです。
特に、昨日のSLには満足です。
ママにiphoneでビデオを撮ってもらいました。
ちょうど、一夫さんに褒められた滑りが映っていて、自分でも感動です。
少しずつうまくなっていくのが体感できるところが良いですね。

さて、次回も同じ調子を維持できるとよいのですが、どうでしょうか。

この記事へのコメント