5月1日 雨交じりの早朝スキー@志賀高原 熊の湯スキー場 竹節一夫スキースクール

画像

ついに早朝スキーの始まりです。
このために、イタリアから帰国後、すぐに志賀高原入りをしました。
でも、残念ながら、霧雨~小雨です。
それでも、視界は悪くなかったのは幸いでした。
また、雪面の状況も硬すぎず、エッジがしっかり食い込む程度に柔らかい感じでよかったです。

画像

第二リフトの下までポールが張ってあります。
まだ、相当に積雪量があるので、リフトとの間が近いですね。

さて、調子はと言うと、2週間ぶりと言うこともあり、リセットされてしまったようです。

腰高で足首を緩めず、トップからエッジを食い込ませるために、板はやや三角、そして、外足に荷重と言うか乗り込む感じで、板を撓ませます。ポールを過ぎて1mぐらいのところで外足で板を踏みつける感じだそうです。そうすれば、板がうまく反発してくれるのですが。。。

平日なので、少人数で休みなく滑ることができたので、繰り返す中で徐々に調子が戻ってきました。
2週間でリセットされるのは悲しいですが。

画像

早朝練習は8時に終了です。
急いで、石の湯ロッジに戻ってきて朝ご飯です。

画像

そして、午前はSLです。
今度はガスも出てきました。
幸い、写真の時は一番濃くて、視界が悪い状況でしたが、8割がたはスタートからゴールまで見渡すことができました。でも、雨は終始、降っていました。

SLでも、GSと同じような感覚でした。
板を三角にして、トップを食い込ませ、板を撓ませるために外足に上体を持っていき、外膝を内側に入れて、脚も三角です。これが早いタイミングでリズム感良くできると、板が走るそうですが、なかなか難しいですね。

画像

雨の中を何とか滑り切りました。
ウェアは結構濡れていましたが、幸い、インナーへの浸水は最小限でした。
レッスンは早朝、午前のみなので、サラミピザと生ビールで乾杯です。

本当は、生ビールをお代わりしたかったのですが、午後は仕事で、電話会議が3件ほど入ってしまったので、1杯だけにしました。

明日からは晴れマークと曇りマークが続いているので、天気は良好そうです。
早めに夕食を食べて、しっかり休んで、4時30分起きです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック