3月5日 調整中・・・@志賀高原 熊の湯スキー場 竹節一夫スキースクール

画像

今日も青空です。

画像

昨日は、朝から食べすぎでしたが、今日はどうでしょうか。
今のところ、体調は良好なようです。

画像

午前中はGSです。
昨日よりは良かった感じですが、色々課題が残りました。

急斜面の4旗門では、ポール脇で板を回す動作が入ってしまうようです。
前後のポジションは内くるぶし、そして、おへそは外向きで、外板をしっかり荷重する感じです。
これがなかなかうまくできません。

「急斜面でも、大きな円を描くように降りる」、と言われた時には、ポール際では板は縦、そして、板が撓んで次のターンに素早く入る感じでうまくできました。

でも、その後、この滑りを再現することなく、午前中の部は終了です。

いろんなことを考えながら、結果として、動きが変になってしまいました。。。
次回への課題になりました。

画像

お昼は、Wケントです。
昔から、研人はデカケン、現在中三のケント君はチビケンと言われていました。
ところが、チビケンの成長が著しく、そのうち、デカケンとチビケンが交代することになりそうです。

画像

午後はSLです。

昨日はしり上がりに調子が上がりましたが、今日はどうでしょうか。
急斜面でも、頭をポールとポールの間に置いて、振り子のイメージです。
ポール際では外肩を落とし、外板をしっかり踏んで、撓ませ、反発を利用して次のターンです。

1本目は、昨日の余韻もあり、なかなかの滑りでしたが、こちらも再現ができませんでした。
途中、3旗門目で片反して、転倒、頭から滑落しました。

右ターンの時に、腰が回ってしまいます。
いつものパターンですね。
右ターンの時に、おへそを外向きにするようにして、外板をしっかり踏む意識が必要な感じです。

こちらも、次回への課題になってしまいました。

画像

最後になると、結構掘れました。

画像

この方も、頑張っていましたが、トキが4回ほどあったそうです。

画像


課題は残りましたが、終始、好天に恵まれ、楽しくスキーができました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック