1月8日 奥志賀高原、そして、強風

画像

今日は、一夫さんのスクールはお休みだったので、研人とおとうさんの二人で奥志賀ツアーです。
三連休なので、どこも大賑わいです。

画像

石の湯ロッジを8時20分に出て、ジャイアント、東舘山、一ノ瀬、焼額経由で着ました。
東館ゴンドラは、ゴンドラのみ新しくなっていました。
快適です。

でも、昔ながらの卵型ゴンドラも混ざって運行していました。

画像

焼額はかなりにぎわっていましたが、第一ゴンドラを何回か乗りました。
オリンピックコースも快適に滑りましたが、研人はほぼ真っすぐに降りていくので追いつくどころではありません。
おとうさんなりに安全運転です。

そして、奥志賀高原に流れ込み、ダウンヒルコースを一本滑り、エキスパートコースを経由して、お気に入りのシャレークリスチャニアで休憩です。11時10分ごろ到着で、営業開始は11時30分でした。

早速、グリューワインです。
これは、おとうさんだけで頂きました。
ツェルマットで飲んだ、グリューワインも美味しかったのですが、こちらの方が更に一味違う感じです。

画像

シーフードドリアです。

画像

信州キノコのトマトクリームパスタです。
うれしそうです。

画像

ケーキセットもいただきました。
レアチーズケーキです。
更にうれしそうです。

画像

おとうさんはアップルパイです。
肉厚のアップルパイで、温められて出てきます。

午前中、集中して滑り、美味しいランチを食べて、後は帰るだけのはずでした。
13時20分ごろ出発です。
ジャイアントの駐車場で15時に石の湯ロッジのお迎えをお願いしてあります。
この時点では、余裕で帰れると思っていました。

ところが、風が強くなっていました。
気が付くと、奥志賀ゴンドラは既に運休です。
第二高速も減速運転で、時々強風でストップします。
乗車中に10分後に休止するとのアナウンスも入りました。
先ほどの浮かれた気分から一転、緊張感が漂います。

何回か、停止しながらも、第三高速、第四リフトを乗り継ぎ、焼額へ。
こちらでも、第二ゴンドラは既に休止です。

一ノ瀬ダイヤモンドもリフトは休止、一ノ瀬ファミリー側に何とか、たどり着き、クワッド乗車です。
ジャイアントまでのルートは、①寺子屋経由、②高天原クワッド、③一ノ瀬クワッド山頂から高天原クワッド山頂へ歩く、④西舘経由などいくつか考えられました。ますます風が強くなることを考えると早めに、ジャイアントまで滑り込める位置まで行った方が良いだろうと考え、寺子屋方面へ向かうことしました。
一ノ瀬クワッドの降り場では、営業中と書いてあったのですが、入り口まで行くと運休中のサインです。
仕方なく、高天原に向かいましたが、既に高天原のクワッドも運休です。

ということで、西舘山を越えていくことなりました。幸い、西舘山のリフトは動いていて、乗り場でジャイアントのリフト運行状況も確認できました。強風でリフトが止まったら、シャトルバスしか蓮池方面に戻る方法がなくなり、大混雑が見えていたので、大変、焦りましたが、何とかなりました。

それにしても、何か所か登坂があり、のんびり滑りながら帰るはずが、危機一髪の脱出ゲームとなりました。
なんとか、石の湯ロッジのお迎えに間に合いました。

その後も、苦難は続きます。
お風呂に入りのんびりしていたのですが、雪が降り始めました。
路面凍結、強風、雪降りの中を、研人が運転する初心者マークレガシィで下ってきました。

研人は精神的にも疲れたようです。
ご苦労様でした。

おとうさんは助手席で緊張のあまり、睡魔に襲われ、意識を失ってしまいました。
おとうさんも疲れました。

この記事へのコメント