12月27日 スキー三日目も国境越え@Zermatt, Italy

画像

今日も快晴です。

画像

ちなみに、お部屋のバルコニーからの全景はこんな感じです。
周りには、小さなホテルがたくさん集まっています。

画像

今日もイタリア側に行くことにしました。
昨日行ったBreuil-Cerviniaよりも更に奥にあるスキー場でValtounencheというエリアに行きます。
ここは、地図によるとColle Superiore delle Cime Bianche、標高2982mと書いてあります。

出発点は、Matterhorn Glacier Pradise、標高3883mでした。
そこから昨日も通過した国境のTheodulpassを経由してイタリア側のZermattから見て一番遠くの方へ向かっています。
快適に20分ぐらい滑走して、900mを下ってきました。
更にZermattから見て遠い方向のルートを取ります。
ベースのValtournencheは標高1524mです。
まだ、後、1400m以上あります。

画像

こちらのルートも変化のある楽しいコースでした。
下まで下ると、集落が見えてきました。
Breuil-Cerviniaは大規模ホテルと大規模駐車場の集積で日本の湯沢温泉という感じでしたが、こちらは、小さな建物が集まる野沢温泉のような素朴な雰囲気です。
それでも、ベースステーションでは殺風景なので、食事は、ベースからゴンドラで一本上がったところで取ることにしました。そして、Saletteと言うところまで上がってきました。2245mです。
既に、レスラン前でママが小躍りしています。
でも、残念ながら、込み合っているようだったので、更にもう一つリフトで上に上がることにしました。

画像

恥ずかしげもなく自撮りをしています。
背景と自分たちをうまい具合に写真に納めるために色々と向きを調整しないといけません。
共同作業なので、意外と楽しいものですね。

画像

よさそうなレストランを見つけました。
ちょっと、風か強かったのが残念でしたが、周囲の眺めは最高でした。
風がなければ、日差しがあるので温かく感じます。

画像

今日はデカンタで赤ワインを頂きました。

画像

この方もご満足のようです。

画像

チーズと赤ワインのバローロが入ったリゾットと、イタリア・トスカーナ産の牛ヒレ肉のステーキにグリーンペッパーソース掛けです。かなり美味しかったです。山のレストランとは思えないクオリティでした。

手袋をしながら、頂きました。

画像

レストランに14時15分ごろまでいました。
スイス側に戻るためにはリフトを3本乗り継がないといけないので、時間がやや心配になりました。

目の前のリフトは結構長かったのですが、その次は一人用のJバーでこちらもかなり長く疲れます。
特に下りの箇所では要注意です。
そのあとのロープウェイの駅には15時前に到着して、スイス側に戻ってこれました。

Theodulpassを越えて、スイス側に入りました。
スイス側から見たマッターホルンです。
スイス側は薄暗くなるのが早いですね。
それでも、もどっとこれて一安心です。

画像

尾根沿いの幅広い緩やかなコースを快適に滑ります。
昨日は山麓まで滑って行って、大変なことになったので、早めにゴンドラに乗って、下山することにしました。
Schwarzseeと言う地点です。

駅の手間が少し上り坂になっているので、自力で上る必要があるかと思えば、コースの端にロープトウがありました。
ママは必至でロープに捕まっています。。
なぜなら、直前に失敗をして、2回目の挑戦だからです。
楽しい光景です。

画像

Zermattの町に降りてきて、ブラブラお散歩です。
まずは、数日前から気になっていた、肉屋さんの屋台でソーセージとホットワインを頂きました。

画像

ママはうれしそうです。
ホットワインを飲んで体が温まります。

このあと、いつものようにスーパーで買い出しをして、お部屋で宴会です。
今日はシャンパンと地元の白ワインも買いました。

気が付けば、ワインオープナー、フォーク、ナイフ、シャンパン用の栓など生活用品が増えています。
キッチン付きのアパートだともっと色々楽しめそうです。

この記事へのコメント