10月13日 再訪 瞬間京都@赤坂菊乃井

画像

まずは、一杯です。

画像

こちらのお猪口にも瓢箪の絵がありました。

画像

猪口は小蕪の風呂吹き、胡麻みそ、振り柚子です。

画像

八寸はススキの穂と一緒に出てきました。
燻し秋刀魚寿司はお米にサフランが入っていました。蝦紹興酒付け、ザクロ、子持鮎の鞍馬煮、茶巾栗、新銀杏酒煎り、銀杏芋、松葉素麺です。

画像

向付その1は、明石の天然鯛、うおぜ、菊花酢漬け、山葵です。

画像

向付その2は小鮪、辛子、黄身醤油です。

画像

蓋物は土瓶蒸しです。鱧、松茸、三つ葉、柚子が入っていました。

画像

中猪口はいくら醤油漬け、わさびおろしです。

画像

焼き物は子持鮎の塩焼き、蓼酢です。琵琶湖でとれた鮎を生きたまま東京に持ってきています。

画像

泳いでいるようです。頭から食べられます。

画像

酢の物は焼きキノコと水菜のサラダ、貝柱、マス子です。

画像

強肴はフカヒレ鍋です。すっぽん、胡麻豆腐、焼葱、露生姜が入っています。すっぽんの効果で体が温まります。

画像

土鍋で炊いた松茸ご飯と、留椀は蕪のすり流し、蓮根揚げ煮、蕪の葉、山葵です。

画像

デザートは柚子のシャーベット、柿と白ワインのジュレです。

画像

もう一つのデザートはほうじ茶アイスと丹波地松風です。

お腹いっぱいになりました。
そして、松茸ご飯の残りはお土産にしてもらい、翌朝も美味しくいただきました。

この記事へのコメント