4月2日 再診@東芝病院

画像

再診です。
診療科が整形外科からスポーツ整形外科になっていました。なんとなく、偉くなった感じです。

受傷して約4週間です。
リハビリの成果もあり、階段の上り下りだけでなく、エスカレーターも大丈夫です。
タクシーの乗り降りも自然な感じに近くなってきました。
まだ、膝の固さはありますが、だいぶ良くなってきました。

診察は基本的に膝の触診です。
膝をいろんな方向に動かされるので恐々でした。でも、幸い、痛みはありませんでした。
側副靭帯を伸ばしてしまったので、大腿骨と脛骨の遊びが右足に比べて若干大きいようです。
前回のMRI検査によると、MCL(内側側副靭帯)が骨から剥がれた状況になっていたのが、再度くっつき始めているのと、ACL(前十字靭帯)については損傷はしているかもしれないが、切れてはいないので、おそらく、手術は必要ないだろうとのことでした。

思い切って、5月のスキーの話をしてみましたが、リハビリでテーピングの仕方を教われば、大丈夫ではないかということでした。
でも、100%のパフォーマンスは期待できないだろうとのことで、様子をみながらになりそうです。

3週間後に診ていただくことにしました。
東芝病院の桜も満開です。
特に、リハビリ室は2階にあるので、窓からの眺めが最高です。

この記事へのコメント