3月20日 診断結果

MRIによる診断結果が出ました。
内側側副靱帯(Medial collateral ligament; MCL)損傷です。
MRIの画像では前十字靭帯(Anterior Cruciate Ligament; ACL)はつながっているように見えるのですが、触診によると右膝に比べると左膝は緩い状況なのでACLも皮一枚ぐらいでつながっている状況ではないかとのことでした。
とは言え、とりあえず、6週間ぐらいリハビリをしながら様子を見ることになりました。。。
担当は若い先生だったのですが、ベテランの先生も出てきて、おとうさんの膝をいろんな方向へ動かしての診断でした。単にMRIの画像を見てというよりは、膝の動き方を見たうえでの診断なので、説得力があります。

非常に凹みましたが、そのあと、リハビリです。
前回同様、膝を温め、自転車に乗り、歩行練習、そして、階段の上り降りでしたが、前回よりも大きく滑らかになりつつあります。
素足より、靴を履く方が踵が上がるため難しくなるのですが、靴を履いても何とかOKでした。
そして、追加メニューはバランスボールです。2種類あって、左ひざを90度ぐらいに曲げた状態で、バランスボールに腰掛け、右足を宙に浮かすものと、不安定なクッションのようなものに左足だけで立つものでした。
最初は難しかったですが、何回か繰り返すうちに、左足だけでバランスをとることもできるようになってきました。
この感じだと、フリースキーぐらいはできそうな気もするのですが。。。

最後はアイシングをして終わりです。
病院の中では、結構、上手に動けたような気がしますが、外に出るとまだまだ、不自然な感じです。

ところで、リハビリを兼ねて、最近壊れた腕時計の修理に新宿まで行ってきました。
昼間の山手線も結構混んでいて気を使います。
お店で見てもらうと、ソーラー電波時計なので、磁場の関係で時間がずれたままになってしまうことがあるとのことでした。
こちらは、その場で修理完了、無料でした。



この記事へのコメント