12月26日 忘年会@麻布十番 Hortensia

東京での今年最後の夜はフレンチにすることにしました。
画像

カメラが映りこんでしまいました。。。
2度目の訪問です。
前回は週末のランチでした。

画像

乾杯です。
ずいぶん飲んでからの撮影です。

画像

アミューズです。
右から、パルメザンチーズ、ウニとコンソメのジュレ、さっぱりとしたシャーベットです。

画像

岩塩で蒸した牡蠣です。ふっくら柔らか、味が濃厚です。

画像

アワビの冷製です。

画像

上海蟹のビスクです。
ふたを開けた瞬間、広がる香りに圧倒されました。
濃厚な感じです。

画像

スッポンです。
生姜風味でおいしいです。

画像

フグのコンフィです。
おとうさんの本日のお目当てはこれです。
フグの身はプリプリ、そして、白子は最高です。

画像

ノドグロのポアレです。
鱗はパリパリです。

画像

鹿肉です。
こちらも岩塩で包んで焼いたとのことです。
やわらかくて美味しかったです。
油で揚げた栗が付いていました。

画像

口直しです。

画像

モンブランです。
栗がたくさん入っていて美味しかったです。

画像

ライチーとバラのスプモーニだそうです。


ワインも大変楽しみました。
ソムリエの方がとれも印象的でした。

最初は、グラスで適当にお願いしようと思ったのですが、好みを聞かれて、ボトルでプロバンスの白を勧められました。
香りがよく、ふくらみもあり、甘すぎず、辛すぎず、ミネラル分も感じられました。
最初は飲みやすい、良いワインと思いましたが、3杯目ぐらいからはちょと飽きてきました。
でも、しばらくすると雰囲気が変わってきて、また楽しめるようになりました。
同じボトルでも1本の中で変化が感じられたのが面白かったです。

そして、鹿肉に合わせてグラスで赤、最後にデザートワインとしてソーテルヌをいただきました。
いたずらっぽい目をしたユーモアのある男性の方でした。
最近、私をスキーにつれてって、のビデオを見て感動したと言われていました。
ソムリエの方との会話も楽しかったです。

アワビ、カキ、スッポン、上海蟹、ノドグロ、フグ、鹿など素晴らしい食材を使って、そのポテンシャルを十分に引き出してた美味しい料理でした。また、来たいと思うお店です。
小ぢんまりとした落ち着きのあるお店です。

未だ未だ昔ながらの下町の雰囲気が残る麻布十番ですが、お店次第では庶民的なものからオシャレなものまでいろんな雰囲気を楽しめるます。実際、こちらのお店を出て、直ぐ角を曲がると、我が家のお気に入りのお店の富ちゃんの大きな看板が見えます。このあたりが、銀座や青山、六本木、西麻布と違った良さだと思います。

ということで、大満足して帰宅しました。
さあ、明日から、おとうさんは志賀高原での長期休暇です。
どうなることでしょう。

画像

自宅のマンションには門松が飾られていました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック