12月23日 受傷5周年はGS、SLともに快調@志賀高原 熊の湯スキー場 竹節一夫スキースクール

画像

今日は満足のいく滑りが出来た日でした。
異次元の滑りというものかもしれません。
午後になるとこのような青空にそびえる笠岳を拝めました。

画像

でも、始まりはこんな天気で、ガスがかかっていました。
午前はGSですが、好調でした。
昨日の余韻が残っている感じです。
前後左右上下のポジションも良いようです。
ターンmaxのところでは、腰を落とし、外足を伸ばすように意識してみました。

画像

お昼はリンゴピザでした。
最近、炭水化物に関して敏感になっているおとうさんです。
血糖値の上昇率が高いご飯ものを避けて、比較的低い、ラーメンを食べることにしているのですが、ラーメンコーナーはお休みです。
ご飯ものは危険なので、空いているピザにすることにしました。
一人だと、通常の大きさは多すぎるので、半分の大きさのデザート的なリンゴピザにしました。
まあ、みんな炭水化物なので、本当は食べない方がよいのですが、リバーサイドでは選択肢がありませんね。

リバーサイドは空いていて、のんびり、ゆったりとしたランチで、午後に備えました。

画像

そして、午後は今シーズン初めてのSLでした。
上部はショートポール、下部はロングポールです。
GSの感覚でポールに入ってみました。
良い感じが残っていて、初SLの割には調子がよさそうです。


でも、やっぱり、右ターンの時に左外足をうまく踏めません。
ここでも肩を水平にして、ポジションを少し前にすることで左外足の母趾球で板を押す感覚が戻ってきました。
上下動も使いながら、自分から積極的にリズムを作りに行くと減速しないで滑ることが出来ました。

また、掘れてからはエッジングを短めにして板を常に縦にする感じでいると急斜面でもコースアウトしないでテンポよく降りてこれました。

ということで、初SLでしたが、楽しくトレーニングをすることが出来ました。
4日連続でしたが、お疲れモードにもならず、元気に終了することが出来ました。
各種サプリメント、ワイン、そして、ミネラルウォーターの効果かもしれません。

ところで、本日は、受傷5周年です。
5年前の今日、おとうさんは第一ゲレンデの上で怪我をして救急車で運ばれたのでした。
良く晴れた日でした。
救急車の中からも青空が良く見えていて印象的でした。
そして、その後、北信病院に4週間も入院していました。
色々ありましたが、こうしてスキーができて幸いです。

4日間のお休みを調子よく終えることができましたが、問題は、この感覚を年末まで持ち越せるかどうかですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック