11月16日 晩秋のランチ@軽井沢 Hermitage de Tamura そして 志賀高原へ

画像

今週末は初すべりの予定でしたが、熊の湯スキー場のオープンが遅れているので、ドライブ兼志賀高原への荷物の搬入の旅にでました。紅葉シーズンも終わりなのでしょうか、高速道路は空いていました。まずは、ちょっと寄り道して、軽井沢でランチです。

こちらのお店は、今年の6月に志賀高原からの帰り道に初めて訪問。8月には夏休みの最終日にママと訪問。今回が3回目です。最近のお気に入りのお店です。

画像

田村シェフ特製のブドウジュースで乾杯です。
甘くておいしかったです。

画像

薪ストーブが活躍していました。

画像

アミューズはキノコのフリットです。
一番下にキノコのフリットがあります。

画像

ほおずきのケーキ風です。
下の部分がほおずきのムースで、酸味があります。

画像

野菜の下にサーモンがいます。
サーモンの中にもいろいろな野菜が入っていました。

画像

フォアグラのフランです。上にキノコのスープが載っています。
茶碗蒸しですね。あったまります。

画像

萩で撮れた魚(名前を忘れました。)とサフランのソースのリゾットです。魚が軽くあぶってあり、香ばしかったです。

画像

豚の包み焼きです。豚に包まっているのは秋のいろいろな野菜です。

画像

柿のタルトです。タルトというよりは、焼き柿といった感じです。柿の下にパイ皮があって、一応タルトになっています。驚きの逸品でした。

画像

エスプレッソにも栗のチョコレート包みが出てきました。濃厚な感じでした。

画像

口直しにハーブティーまでいただきました。

画像

御馳走様でした。食事だけでなく、季節を味わえます。冬の時期にも来てみたいものです。

画像

そして、志賀高原へ移動です。志賀草津高原道路は、渋峠から草津の区間が既に閉鎖中なので、佐久から上信越道で来ました。万座経由だと60キロぐらいなのに、上信越道経由だとその倍の120キロでした。
熊の湯スキー場に行ってみましたが、この通りで、雪はまだまだ足りません。

画像

予定よりも少し早く到着したので、渋峠まで登ってみることにしました。
48号カーブからの横手山のパノラマです。
西日に照らされてきれいでした。

画像

渋峠まで来ました。これより先は道路が閉鎖されていました。

画像

我が家のレガシィも志賀高原に戻ってきました。
これから、半年間は長野駅と志賀高原の往復です。

この後、石の湯ロッジに向かいました。皆さん、冬支度で大忙しのようでした。
来週の三連休までには熊の湯スキー場もオープンしていることでしょう。
石の湯ロッジに泊まって、初すべりをするのが楽しみです。
そう言えば、東京からの荷物は搬入しましたが、既に送ってあるワインの整理は来週にすることにしました。何しろ大量のワインなので大変そうです。

熊の湯スキー場がオープンしなかったのは残念ですが、その代わりに色々楽しめた週末でした。只今、新型新幹線で帰宅中です。快適ですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック